「この世代」とは?

エホバの証人は、1940年代から「この世代」の年数を特定するために心血を注いできた。この年数が特定できれば、大患難の時の発生時期が判明し、地上の楽園への一歩を踏み出せるからだ。だが証人たちは気づいていない、「この世代」は絶対に過ぎ去ることがないことを。証人たちの負のスパイラルを紐解く一記事。

人類創造七千年目とは?

エホバの証人には、1975年の預言というものが実在していた。1975年から、人類創造七千年目が始まる。イエスの統治による千年王国が始まる。ならばそれまでに、ハルマゲドンの戦いが始まる、と証人たちは信じていたのだ。だが人権などない奴隷は、またも協会に裏切られた。証人たちに真実を見せつける一記事。

忠実で思慮深い奴隷とは?

エホバの証人は、1919年に統治体が忠実で思慮深い奴隷に任命されたと信じている。そして時に応じた霊的食物を分配してくれていると信じている。だが証人たちは受け入れようとしない、聖書解釈は当たることなく調整されることを。そして思想的イジメの対象になっていることを。証人たちの呪縛を打ち砕く一記事。

ハルマゲドンの戦いとは?

エホバの証人は、1914年に勃こっていたはずのハルマゲドンの戦いを未だに待ち望んでいる。神の約束のすべてが、その時に訪れることになるからだ。だが証人たちは知らない、神は約束を破る常習犯であることを。そして責任転嫁が癖になっていることを。証人たちの宿命を打ち砕く一記事。