忠実で思慮深い奴隷とは?

エホバの証人は、1919年に統治体が忠実で思慮深い奴隷に任命されたと信じている。そして時に応じた霊的食物を分配してくれていると信じている。だが証人たちは受け入れようとしない、聖書解釈は当たることなく調整されることを。そして思想的イジメの対象になっていることを。証人たちの呪縛を打ち砕く一記事。