統治体とは?

エホバの証人は、地上における唯一の神の経路である。イエスから任命を受けたと称する統治体が、独自の聖書解釈を証人たちに分配している。証人たちは、それを真理だと信じて疑わない。だが、統治体は経歴詐称であり、聖書解釈は偽装表示である。証人たちの純真を打ち砕く一記事。

油そそがれた者たちとは?

エホバの証人には、油そそがれた者たちと呼ばれる階級が存在している。聖霊によって選ばれたと自称するその霊性において、一般の証人たちからは一線を画する存在である。だが、実際は聖霊によってではなく、サタンによって選ばれた模様なのだ。証人たちの盲信をひもとく一記事。

キリストの臨在とは?

エホバの証人は、天にイエスの姿を浮かべている。1914年10月、天に臨在したイエスによって、サタンは地上に投げ落とされ、地上は終わりの日に入った。日に日に増す戦争、食糧不足、地震、疫病の災いが何よりの証拠だ、という。だが事実は逆を示し、証人たちの主張を否定している。証人たちの主張をひもとく一記事。

王国のこの良いたよりとは?

エホバの証人は、王国のこの良いたよりに綴られた夢のような未来を思い描いている。死者が復活し、地上の楽園で永遠に生きられる夢のような未来をだ。だからこのたよりを宣べ伝える。楽園に入るために宣べ伝える。だが証人たちは知らない。楽園に入れないことを… 証人たちの知らない真実をひもとく一記事。

神のヒエラルキーとは?

エホバの証人には、神のヒエラルキーという支配階層が厳然と存在している。この支配階層のトップに君臨する統治体によって、エホバの証人の教義が生み出され、各種出版物を通して証人たちに分配されている。統治体は神の代わり。その教義に逆らうことなどできやしないのだ。そんな証人たちの一端をひもとく一記事。